カテゴリー: Spring (old)

[Spring Roo] 05. persistence.xmlの設定(DDLの自動実行)

2014/02/07 5:20 PM
 

前回までで作ったサンプルは、そのままだと、サーバが起動するたびにDBのデータが消える。

Spring Rooを紹介する多くのサンプルがHypersonicのIN MEMORYになっているし、サーバーを再起動するたびにデータが消滅しているのは当たり前で、ちょっと試してみる分にはそれでいいかもしれない。

しかし今回、PostgreSQLに接続するサンプルを動かしてびっくりした。

persistence.xmlに、そのことが書いてあった。

続きを読む »

[Spring Roo] 04. エンティティ、リポジトリ、サービスの作成から起動まで

2014/02/05 4:47 AM
 

今回は、エンティティの作成から、サービス層の作成、Spring MVCを使ったWebアプリの起動まで、一気に進む。 とは言っても、あまり難しいことは無い。

参考資料

この記事を書くにあたって参考にした書籍やサイトについて。

Spring MVC/Rooプログラミング入門 掌田 津耶乃

Spring Rooについて書かれている、日本語ではほとんど唯一の書籍。 RooではActiveRecordを使うデフォルト設定で書かれているが、それ以外の点では大いに参考になる。

続きを読む »

[Spring Roo] 03. アプリの構成

2:01 AM
 

今回作るアプリは、複数ユーザがアクセスして使用できるオンラインメモ・サービスとする。

簡単にするために、2つのエンティティを持つものにしよう。また、画面数を減らすために、アカウントの作成は管理者のみができることにする。

続きを読む »

[Spring Roo] 02. データベースの準備

2014/02/04 9:21 PM
 

データベースのセットアップ

今回はPostgreSQLを使用するのだが、簡単にするために、アプリケーション版のPostgreSQLをインストールした。 Macでの例を書いておくが、各々の環境に合わせてセットアップしよう。

続きを読む »

[Spring Roo] 01. プロジェクトの作成

7:55 PM
 

Spring Rooで、Service層のあるアプリを作る備忘録として記録しておく。

サンプルプロジェクトとして、以下のことを試してみる。

  1. DBにPostgreSQLを使用する。
  2. 業務ロジックはServiceに実装する。
  3. エンティティの管理はRepositoryで行う。
  4. エンティティは1対多の関係を持つものにする。

できれば、以下もついでに確認したい。

  1. アクセス制御情報をDBに保持するにはどうするか。
  2. 複数の単語でできたエンティティ名がDBにどう反映されるか。

Rooの基本的な扱い方については、この本の第7章が大いに参考になった。

では、いってみよう!

続きを読む »


WordPress Themes