Apple、iPhone OSの深刻な脆弱性に対処

2009/08/01 10:35 PM

 

本日、AppleによってiPhone OS 3.0.1がリリースされ、iPhoneのSMSに存在する深刻な問題が解決されました。

iPhoneをお持ちの方は、直ちにアップデートを行いましょう。

iPhone OS 3.0.1へのアップデートは、iTunesを通じて行います。
いつも同期しているiTunesにiPhoneを接続してから、デバイスの概要にある、「アップデートを確認」ボタンを押します。
OSのダウンロード、iPhoneへの転送の後、iPhoneが再起動してインストールが実施されます。
さらにもう一度再起動がかかり、アップデートは完了です。
自分のiPhoneのバージョンは、「設定」「一般」「情報」の「バージョン」で確認できます。
今日の夜10時の時点では、「3.0.1(7A400)」となりました。

この問題は、細工を施したSMSメッセージを受信すると、アプリケーションが終了したり、任意のプログラムが実行されてしまうというものです。
つまり、データの破壊や、外部への転送、他のiPhoneへの感染が起こりうるということ。
4分の1角文字が1文字だけのSMSメールが来たら、直ちに電源を切れ!とのこと。

以下、このセキュリティホールの参考生地です。

ITmedia エンタープライズ iPhoneに新たな脆弱性? SMSでリモートコード実行の恐れ

GIZMODO Japan 「世界中のiPhoneがSMS経由で乗っ取れる」セキュリティの脆弱性

Forbesの記事(英文) How To Hijack ‘Every iPhone In The World’



コメントはまだありません

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを書く

WordPress Themes