iPhone OS 3.0 レビュー#01 コピペ編

2009/06/22 11:54 PM

 

18日に、iPhone OSが、2.2.1から3.0にアップデートされました。
すでにいろんなところでレビューされてますが、とりわけiPhoneらしい、Appleらしいところをご紹介します。

最初は、何と言っても、コピー&ペーストでしょう。
今までできなかったのが不思議。
なので、コピペを実現するアプリが公式非公式(脱獄)ありました。

今回のアップデートでようやく実装されました。
いざ試してみると、さすがApple。と感じさせる、ちょっとした気配りを感じます。

iPhoneを使っていると、結構長い文章を入力する機会が増えてきませんか?
コピペができない時でも、あまりストレスを感じずに入力をすることができたのは、iPhoneの入力のしやすさがかなり効いていると思います。今の使い勝手の良さを損なわずに、うまくまとまっていると思います。

まずは、safariを開いてみます。

ダブルタップで領域拡大。
(ピンチ・イン、アウトが注目されますが、ダブルタップは、タップした領域(table,divなど)を画面いっぱいに拡大するので超便利)

safariの場合、長押しタップで、選択範囲が表示されます。
選択範囲の開始位置、終了位置にあるピン。
使い勝手の向上に、こういうちょっとしたアイテムが役に立っていると思いませんか?

このピンをドラッグすると、選択範囲を変更できます。
ここで、終端をドラッグしていって、段落の最後までいくと、自動的に段落全体が選択されます。

「コピー」をタップしてから、メモを起動し、ここでも長押し。

「ペースト」をタップして、貼付け完了。

Web画面をコピーして、メールに貼ったら、画像までコピーできました。
これは便利!!!

実際には、コピーされたHTMLソースをメールに貼付けているようです。

カメラロールにある画像でも、長押ししてコピー、メールに貼付けられます。

これは、普通の添付ファイルとして送信されました。

うっかり忘れてた。
ペーストしてすぐ、iPhoneを振ると、取り消しできます。

ついでながら、コピーしたクリップボードの履歴を取っておけるアプリを紹介します。

iDoClipboardiDoClipbord

これは、起動すると、最後にコピーした内容を履歴として保存するアプリ。
複数の文字列や、よく使う文字列を保存しておいて、すぐに貼付けることができます。
また、コピーした情報をメールで送信することもできます(デバッグが残っているのか、デフォルトの宛先が作者になっているので注意!)。
近々機能を強化したバージョンをリリースする予定のようですが、現在のところ無料です。
ただ、画像の貼付けには対応していないようなので、Webの内容を送るなら、普通にメールに方が良いことは確か。
ですが、このアプリの良いところは、操作が単純なところです。
メールを起動したり、Evernoteを起動したり、そんなちょっとした時間が、意外と気持ちをスポイルすることがあるものです。
願わくば、次のアップデートで、画像を含めたクリップに対応してほしいものです。



コメントはまだありません

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを書く

WordPress Themes