小学校卒業式での挨拶全文

2012/03/19 2:15 PM

 

本日、PTA会長として、水戸市立上中妻小学校の卒業式に出席しました。
来賓代表の挨拶を行いましたので、その全文を掲載します。
– – –

  平成23年度、第65回卒業式にあたり、来賓を代表いたしまして、お祝いを申し上げます。

 上中妻小学校卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 先日配られたPTA会報誌に、入学した当時の皆さんの顔写真がありました。
 6年前、こんなにも小さく、幼かったあなた。
 しかし、入学したときの写真からは、これから広がっていく楽しい世界を感じて、わくわくしている気持ちが溢れています。

 そして今、ここにいるあなたは、 入学した頃の面影を残しつつも、美しく、たくましく、成長しました。

 6年間の生活の中で、あなたは、立派な先生や、たくさんのお友達と出会うことができました。
 一生懸命勉強して、本もたくさん読めるようになり、難しい計算もできるようになりました。
 友達と遊びながら、仲間の大切さやルールの大切さを憶えてきました。
 数えきれないくらい楽しい思い出があることでしょう。

 そして、楽しいことばかりではなく、叱られたこと、喧嘩したこと、辛いこと、悲しいこともあったでしょう。
 幼かったあなたが急激に成長する中で、お父さん・お母さん・家族とのすれ違いもあったかも知れません。
 でも、そうした経験のすべてが、今のあなたの生きる力として蓄えられています。

 これからあなたたちは、この上中妻小学校を去って、中学校へと進みます。

 先生や友達、先輩など、多くの人たちとの出会いが、あなたを待っています。 新しい世界で、あなたには、やってみたいことがどんどんできてくるでしょう。

 これからは、自分の思いや考えを相手に理解してもらうこと、相手の思いや考えを理解しようとすることが大切になってきます。
 あなたを理解してくれている家族や友達がいることが、心を落ち着かせ、前に進む力になります。
 また、誰かを理解しようとすることは、信じられる深い人間関係を築く第一歩です。

 誤解はあるものです。誤解に気づいた瞬間に、理解が始まるのです。
 もしかしたら、あなたは、すでにちょっと分かっているかも知れませんね。

 私たち大人も、このことにはいつも気を付けていて、しょっちゅう誤解して、よりよい関係になろうと、毎日苦しんで、楽しんでいます。
 あなたのお父さん・お母さん・家族は、これまで一生懸命あなたのことを理解しようとしてきました。
 これからも、あなたを信じ、理解していこうとして下さるはずです。
 その愛情に感謝して、あなたも、家族と理解し合えるように努めていってください。

 そして遠慮せず、価値があると思ったことにチャレンジするために、いい先生、いい仲間を見つけて、充実した中学校生活をスタートしてほしいと思っています。
 わたしは、こうして立派になったあなた方の姿を見て、きっと、力強く一歩を踏み出すことができると確信しています。

 今日まで、愛情深く育んできました保護者の皆様、本当に、おめでとうございます。
 こころより、お祝い申し上げます。この晴れの舞台でご挨拶ができることを、大変光栄に思っております。
 また、長い間PTA活動にご理解いただき、ご協力していただきましたこと、誠に感謝申し上げます。
 今後とも、変わらぬご支援をいただければ幸いです。

 また、住民の会をはじめとする、地域の皆様、本日はお越しいただきまして、大変ありがとうございます。
 雨の日も風の日も、子どもたちを見守っていただき、また、体験的な学習を通じて心を伝えることの大切さを教えていただき、大変感謝しております。
 これからも、末永く、ご協力いただけますようお願いいたします。

 最後になりますが、校長先生、担任の先生をはじめ、諸先生方。
 今年は震災により、様々な活動に影響が出る中、児童の安全を第一に、充実した学校生活を実現するためにご尽力いただきました。
 今日の卒業生ひとりひとりの立派な姿に、先生方の思いが映されています。
 本当に、お世話になりました。これからも、どうか、あたたかい目で子どもたちの成長を見守っていただきますようお願いいたしまして、お祝いの言葉とさせていただきます。



コメントはまだありません

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを書く

WordPress Themes