平成26年度PTA総会 冒頭の挨拶 会長退任の挨拶

2014/04/19 11:46 PM
 

2014年4月19日に、水戸市立上中妻小学校のPTA総会を開催しました。

私はこの総会をもって、3年間勤めた会長を退任し、顧問となりました。

これからは、裏方として活動を支えていきたいと思います。

5年間の本部役員としての活動を振り返る挨拶としては短すぎる気がしますが、記念に掲載します。

平成26年度PTA総会 冒頭の挨拶

本日は、平成26年度PTA総会にご出席くださり、ありがとうございます。

日頃から、子供達の学校生活を充実させるために、ご協力くださり、ありがとうございます。

児童数が少ない状況で、子ども会とPTAの役員を決めるのは、私も含め、皆さん苦労しているところです。

今回の総会では、2学級ある学年での学年委員の人数についての慣例を変えることを、皆さんと決めたいと思っています。

その後、新しい役員の選出と改選を行います。

役員は、声がかかった時がチャンスです。普段の生活や仕事では経験できないことや、つながりを得ることができます。

なにより、さまざまなイベントや活動に携わることによって、より深く味わうことができます。 中には、入学式や卒業式のスピーチなど、一生に一度の経験、というのもあります。

大切なお子さんの小学校生活ですから、保護者の皆さんも、ぜひ、違った視点でのお子さんへの関わり方も楽しんでみてください。

それでは、貴重なお時間ですので、これで私の挨拶といたします。

PTA会長退任にあたっての挨拶

(感謝状授与の後)

今日、こうして感謝状をいただいてみると、ちょっと感激するものですね。

私が本部役員になったのは、5年前、今の6年生が入学した年からでした。副会長2年、会長3年の5年間、そろそろ皆さんに飽きられてしまったかも知れません。

至らないことばかりであったかと思いますが、皆さんのご協力のもと、務めることができました。

副会長の2年間は、今日、来賓としていらっしゃっている皆川前会長が冷静に運営されている中、大したご協力もできず、ちょっと申し訳ないと思っていました。

会長になったのは、平成23年度、ちょうど、東日本大震災が起きてすぐのことでした。

大変なときもありましたが、皆さんのご協力のもと、いくつかのチャレンジをし、苦楽を友にすることができました。

また、昨年度の夏、ちょうど市民運動会のバザー準備の期間、病気でお休みをいただくことになってしまい、皆さんにご迷惑をかけてしまいました。しかし、多くの皆さんのご協力のもと、バザーも無事に開催でき、今日まで務めることができましたこと、心から感謝しております。

入院中や、退院して半年の今までも、多くの方にお見舞いや温かいお言葉をかけていただいて、とても嬉しく思っています。

できなかったこともいくつかあります。

でも、できなかったことを数えるのは一度でいい、何をやってきたか、これから何ができるかを考えよう、そう思っています。

新しい皆さんを支えていこうと思います。

長い間、本当にありがとうございました。



コメントはまだありません

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを書く

WordPress Themes